黒にんにくって何? サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助を!お役立ち情報。

saicoro Produce by saicoro Site update contents

黒にんにくって何?

サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助を!

イメージ

黒にんにくって何?

黒にんにくって何だか分かりますか?その名の通り、黒いにんにくです。黒く塗ったにんにく?しょうゆ漬けのにんにく?黒にんにくという名前の新しいにんにくの種類?
違います。黒にんにくは、普通のにんにくを熟成発酵させることで黒くなったにんにくなんです。なんでわざわざにんにくを熟成発酵させて黒くして、黒にんにくにするのでしょう。それには当然理由があります。にんにくを熟成発酵して、黒にんにくにすることで、にんにくのパワーは大幅にアップするのです。

黒にんにくと普通のにんにくの違い

では、黒にんにくと、普通のにんにくは何が違うのでしょうか。もともと、にんにくは栄養価が高く、世界各国で滋養食として食べられています。そのにんにくを熟成させて、黒にんにくとすることで、栄養成分が飛躍的にアップするのです。また、にんにく特有の臭いについては、それが苦手な方も多いと思います。黒にんにくではその臭いもなくなります。黒にんにくは「食べた後の臭いが気にならない」にんにくなのです。胃にも優しいので、黒にんにくを食べても胃に不快感などは出にくいと言われています。

黒にんにくの特徴

にんにくを熟成発酵させて作る黒にんにくですが、その黒さの素は、ポリフェノールなのです。にんにくは黒にんにくに変わる過程で、その内部にポリフェノールを発生させて、黒い姿へと変わります。黒色はポリフェノールを含む証拠なのです。黒にんにくにはポリフェノールを多く含むので、抗酸化作用があります。また、黒にんにくには「S‐アリルシステイン」というにんにくにはない成分を持つようになります。黒にんにくに含まれる「S‐アリルシステイン」はアミノ酸の一種で、さまざまな効果的な力を持つ成分なのです。

黒にんにくの効果

黒にんにくに含まれる「S‐アリルシステイン」にはさまざまな効果があります。
・動脈硬化、心筋梗塞など生活習慣病の予防改善 ・肌や髪を若々しく保つ美容効果
・血流アップによる疲れ、冷え性、肩こりの改善 
などが黒にんにくの効果です。黒にんにくの効果が期待されるのは、特に現代人の課題である、生活習慣病の予防改善です。黒にんにくは、抗酸化作用と血流の改善により、血管の中の悪玉コレステロールを減らし、生活習慣病から人の身体を守るのです。黒にんにく、結構やります。

黒にんにくは美容にもGOOD!

黒にんにくに含まれている「S‐アリルシステイン」の効果の1つに、美容効果も挙げられます。これも、黒にんにくの抗酸化作用の効果なのです。人の肌は紫外線を浴びると大量の活性酸素が生まれます。この活性酸素でメラニン色素が作られ、肌にハリや弾力を持たせるコラーゲンやエラスチンを破壊するのです。そこに、黒にんにくの抗酸化作用が対抗するのです。そのような理由から、黒にんにくの美容効果は最近注目を浴びているのです。
黒にんにくで、貴女も美肌美人に!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.