日本山人参(にほんやまにんじん)って何? サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助を!お役立ち情報。

saicoro Produce by saicoro Site update contents

日本山人参(にほんやまにんじん)って何?

サプリメントや健康補助食品の効果的な栄養補助を!

イメージ

日本山人参(にほんやまにんじん)を知っていますか?

日本山人参のこと、あなたは知っていますか?あまり聞いたことがないかも知れませんが、日本山人参はとても優れた栄養食品なのです。
日本山人参は、日本固有の植物で、古来より「神の草」と言われ珍重されてきました。学名を「アンジェリカ・シコキアーナ」と言い、セリ科の植物です。日本山人参は、いわいるニンジンとは全く別のもので、高麗人参に形が似ているところから、日本山人参と呼ばれます。しかし、高麗人参はウコギ科の植物ですから、日本山人参とは本当に形だけが似ているということです。

日本山人参の主な成分

日本山人参はもともと、薩摩藩(今の鹿児島県)の霧島地方に自生する植物で、薩摩藩では「秘草」として扱われていました。一時は乱獲で絶滅したと言われていましたが、偶然、岩の割れ目に自生している日本山人参が発見されて栽培に成功したのです。近年、いくつかの研究グループにより、その効果が研究されてきました。
日本山人参の主な成分は、クマリン系化合物、ナトリウム、リン、鉄分、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの18種類のアミノ酸、5種類のビタミン、8種類のミネラルなど、日本山人参には実に48種類もの有効成分が含まれているのです。

日本山人参の効能その1

多くの有効成分が含まれる日本山人参はいろいろな効能があることが分かってきています。日本山人参の効能について、いくつかをご紹介します。

・ 高血圧防止作用・・・日本山人参は高血圧の原因となる「アンジオテンシン2」の発生をする抑制する作用があります。

・ 糖尿病改善効果・・・日本山人参は、インシュリンの対抗ホルモンである「カテコールアミン」を抑制する作用があります。「カテコールアミン」を抑制することにより、インシュリンの働きが良くなり、血糖値が下がりやすくなります。また、血糖値降下剤を使用している場合、日本山人参を併用すると、薬の量を減らすことができます。

日本山人参の効能その2

日本山人参の効能はまだまだあります。引き続いて日本山人参の効能についてご紹介します。

・ 動脈硬化の抑止効果・・・日本山人参には血小板凝縮抑制効果があります。この効果により、血栓が出来るのを防いでくれます。動脈硬化を防ぐので、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。

・ 肝臓病治療効果・・・日本山人参はアルコールや脂肪の過剰摂取による「過酸化脂質」の蓄積を防ぎ、肝炎を予防する効果があります。

・ 肩こり、冷え性、頭痛の緩和効果・・・日本山人参には、「ノルアドレナリン」を抑制する効果があります。「ノルアドレナリン」の抑制により、血管が拡張し、血液の循環がよくなるので、肩こり、冷え性、頭痛などが緩和されます。

どうですか、日本山人参の効能。すごいですね。

日本山人参を効果的に摂るには

日本山人参には本当にいろいろな効果があることがわかりました。特に体調が悪いと言った症状がない方でも、体力が弱った方や、貧血気味の方、更年期障害のある方、高齢者の方に日本山人参は効能があるようです。日本山人参を飲むと、疲れを感じなくなる、胃腸の調子が良くなる、身体が冷えなくなる、などの効果が現れます。日本山人参は、ティーバッグや粉末、錠剤などサプリメントとして、ネットなどで購入できます。日本古来の秘草、日本山人参。あなたも日本山人参で健康に!

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.