いたくなくても魚の目(うおのめ)は気になりますねここでは、魚の目(うおのめ)の治療について紹介します。
saicoro Produce by saicoro Site update contents

魚の目(うおのめ)の治療

魚の目(うおのめ)とは

魚の目(うおのめ)は、皮膚を保護している角質が皮膚の深い所まで入り込んで固く厚くなってしまうもので、中心のところに硬い芯ができて、形が魚の目のように見えるため、魚の目という名があります。魚の目の正式な名称は「鶏眼(けいがん)」といいます。足の指や足の裏にできやすく、歩くと硬くなった角質層が神経を刺激するので痛みが伴います。女性の場合、高いヒールや靴底のうすい靴が足裏を特に圧迫するため、魚の目に悩まされやすいといわれています。

魚の目(うおのめ)の原因と症状

体の特定のところに、毎日、継続して圧力や衝撃などの刺激が加えられると、体の防御反応として皮膚が角質化します。そして、角質化した中央部分に芯ができて、皮膚の深いところへと入り込んでいってしまいます。特定の場所に過度な圧力、衝撃が加わる原因としては、

1.自分の足にフィットしていない靴を履いていて、足の一部分に過度な体重がかかっている、

2.外反母趾などで足に変形があっったり、歩き方にくせがあり、足の内側または外側に過度な体重がかかっている、

3.高いヒールの靴を履いていて、足の前部に体重の負担が過度にかかっている、
などがあげられます。

魚の目(うおのめ)の治療

魚の目(うおのめ)の治療はいろいろありますが、まず自然療法で治す方法があります。この自然療法は、魚の目(うおのめ)にはできるだけ直接触らないようにして、魚の目(うおのめ)の部分に刺激を与えないようにすることが大事です。そして、あまり痛みがひどくない場合は、魚の目(うおのめ)の患部に市販の保護パッドを貼っておくと、靴による圧迫や摩擦を防いでくれます。軽い魚の目(うおのめ)であれば、しばらく貼っておくと自然に治っていくケースもあります。

魚の目(うおのめ)の治療は、そんなにひどくなければ市販の塗り薬を使い、除去することも可能です。薬による方法としては、サリチル酸メチルなどの角質軟化剤を含む薬などを患部に塗って、フットケア用品で少しずつ患部の皮を取り除いて、ゆっくり時間をかけて治す方法があります。しかし塗布しすぎると、健康な周りの皮膚まで除去してしまうので注意が必要です。

上記のように、患部に薬を塗ってて魚の目(うおのめ)の部分を柔らかくしてから、患部を少しづつ削り取る方法ですと、また同じところに魚の目(うおのめ)が、再発してしまうことがあります。その再発を防ぐために、魚の目(うおのめ)の根になっている芯の部分を、手術で取る方法があります。全く再発しないとはいえないようですが、魚の目(うおのめ)の芯さえ取ってしまえば、かなりの確立で再発は防げるといわれます。手術の方法としては、メスや電気メスで患部の核をえぐり取る方法や、レーザー治療もあるようです。

 
Copyright (C) saicoro. All Right Reserved.